アグリコラボいとしま ミニワークショップ

『産学官連携 豊かな広がりをもたらす農業の新展開』

 2019年2月6日、ミニワークショップ(アグリコラボいとしま主催)を、九州大学伊都キャンパス内 稲盛財団記念館 稲盛ホールにて開催しました。
 産学官連携における情報交換や相互交流の機会として、今回は研究者と高校生の皆様より取り組みについて発表していただきました。

 第1部「農業ICT×ソーラーシェアリング」では、まず光原圭祐氏(大和総研社内ベンチャー社長)より、「農業ICTプラットフォーム普及による地方創生」と題し、プラットフォームの展開事業として農業ICTをソーラーシェアリングと組み合わせることにより、ネットワーク環境の整備、売電による収入の確保等の有効性が期待できること、また農業ICTクラウドサービスの試用提供の取り組みについてお話しいただきました。さらにソーラーシェアリング実践者である監崎芳彦氏(株式会社讃岐の田んぼ)より実践の様子を伺いました。
 つづいて「水田ソーラーシェアリングの課題とその解決策の検討」と題し、谷口智之氏(九州大学大学院農学研究院 灌漑利水学研究室 助教)より、ソーラーシェアリングの営農上の課題と効果についてお話しいただき、不耕作期間中の農地利用による収入の獲得、露地栽培での生育環境のコントロール等、期待される効果について水田での実践例とともにご紹介いただきました。

 第2部「鳥獣害対策に向けた九大-NTT連携による取り組み」は前回に続き、北村和夫氏(日本電信電話株式会社 NTTサービスエボリューション研究所 ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト主席研究員 プロジェクトマネージャー)より、全国的な鳥獣害被害の実態のなかで九州においても被害が増大しているイノシシへの対策についてお話しいただきました。今回は動物の行動特性を確認するための、光や音に対する反応についての実験の様子をご紹介いただきました。

 第3部「アブラナ科植物を守りたい 広がれ!根こぶ病対策の輪」では、本協議会初の高校生の登壇者をお迎えしました。福岡県立糸島農業高等学校プロジェクトチーム「根っこ部」3年生より、根こぶ病の予防と対策方法についての研究を発表していただき、根こぶ病対策により効果のある物質を探求する実験の様子や、長年の取り組みである啓蒙活動の様子を映像を交えてわかりやすく発表していただきました。

 第4部「産学官連携を農業の現場に生かすには」と題して、岡安崇史氏(九州大学大学院農学研究院 農業生産システム設計学研究室 准教授)のコーディネートにより、意見交換を行いました。登壇者より、産学官連携の課題として、研究者がもっているICT技術を生かしたいが現場を知らない現状があるといった意見が出されました。またフロアの農業者の方からは、現場に新たな技術を取り入れるにはコストがかかるため、産学官連携の中で現場を実証実験の場として活用してもらうという関わり方ができればよいというご意見が出されました。

 農業者、大学関係者、行政関係者、企業関係者、学生、一般の方々など70名の方が参加されました。
 今回、ご登壇くださいました皆様、本当にありがとうございました。

◎プログラム◎

 ・開会挨拶 岩城賞弘 アグリコラボいとしま会長

 ・第1部 「農業ICT×ソーラーシェアリング」
     「農業ICTプラットフォーム普及による地方創生」
       光原 圭祐 氏(大和総研 社内ベンチャー社長)
     「水田ソーラーシェアリングの課題とその解決策の検討」
       谷口 智之 氏 (九州大学大学院農学研究院 灌漑利水学研究室 助教)

 ・第2部 「農業鳥獣害対策に向けた九大- NTT連携による取り組み」
       北村 和夫 氏(日本電信電話株式会社 NTTサービスエボリューション研究所
       ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト主席研究員 プロジェクトマネージャ)

 ・第3部 「アブラナ科植物を守りたい 広がれ!根こぶ病対策の輪」
       福岡県立糸島農業高等学校プロジェクトチーム「根っこ部」
       尾颯さん 入江峻さん 澤田海斗さん 木付昌吾さん

 ・第4部 意見交換「産学官連携を農業の現場に生かすには」
       コーディネーター  岡安 崇史 氏
       (九州大学大学院農学研究院 農業生産システム設計学研究室 准教授)

  ・閉会挨拶 大坪政美 アグリコラボいとしま副会長

 

○ 第1部 「農業ICT×ソーラーシェアリング」
「農業ICTプラットフォーム普及による地方創生」


  光原 圭祐 氏(大和総研 社内ベンチャー社長)



○  「水田ソーラーシェアリングの課題とその解決策の検討」


  谷口 智之 氏 (九州大学大学院農学研究院 灌漑利水学研究室 助教)





○ 第2部 「農業鳥獣害対策に向けた九大- NTT連携による取り組み」


  北村 和夫 氏 (日本電信電話株式会社 NTTサービスエボリューション研究所 ネットワークドロボット&ガジェットプロジェクト主席研究員 プロジェクトマネージャ)



○ 第3部 「アブラナ科植物を守りたい 広がれ!根こぶ病対策の輪」


 福岡県立糸島農業高等学校プロジェクトチーム「根っこ部」

  尾颯さん 入江峻さん 澤田海斗さん 木付昌吾さん



○ 第4部 意見交換「産学官連携を農業の現場に生かすには」


  コーディネーター  岡安 崇史 氏
  (九州大学大学院農学研究院 農業生産システム設計学研究室 准教授)



※当日実施したアンケート結果は、*こちら をご覧下さい。
プリンタ出力用画面

カレンダー
<  2019年10月  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録