第8回ワークショップ

『今、農に吹く風』

 2013年12月8日、第8回ワークショップを九州大学伊都キャンパス総合学習プラザにて開催しました。
 『今、農に吹く風』をテーマとし、「道の駅」の命名者 徳野貞雄 熊本大学文学部地域科学科教授に熱く語っていただいた後、『私たちの“未来農像”』と題して、 生きるに直結する“農”について、生産者とは違った視点で、『食と農』に関わっていらっしゃる方にパネリストとしてご登壇いただきました。
 広く一般の方にも参加を呼び掛けたところ、農業者、一般の方々70名の参加を得ました。

 徳野先生のご講演では、現在の農学は、消費者を無視しており、「モノ・カネ」だけを見ているとして、消費者を4つに分けて、今後は、52.4%を占める農作物の価値が分かるが、お金をかけていない分裂型消費者をいかに誘導していくかが、ポイントだと説明がありました。
 また、講演後のパネルディスカッションでは、平井康丸九州大学大学院農学研究院准教授のコーディネーターのもと、次の4名のパネリストをお迎えし、意見交換を行いました。
    ・徳野 貞雄 先生
    ・古賀 栄子 グリーンコープ生協ふくおか 福岡地域理事長
    ・日癲仝淨鵝〇綸膸墸淌攵学校 主幹教諭
    ・木下 勇二 糸島ラーメン“ゆうゆう”店主

 古賀氏からは、グリーンコープに野菜を供給しており、BM堆肥で土作りをし、循環型農業を行っている養豚農家と野菜農家で構成された糸島BM農法研究会についてお話がありました。
 日高先生からは、小学校での取り組みがいかに大事か、その結果子ども達にどう影響しているかなどをお話していただきました。
 木下氏からは、糸島産のみの食材を使用したラーメン店を始めるための苦労やいろんな方に協力をしてもらったことについて、語っていただきました。
 また、聴衆からも、農家、行政、JA、それぞれの立場から農についてご意見をうかがうことができました。

◎プログラム◎

1 開会挨拶
  久保田 稔 アグリコラボいとしま会長・福岡県指導農業士 糸島地域代表

2 『今、農に吹く風』
  ・徳野 貞雄
       熊本大学文学部総合人間学科地域科学コース教授

     *スライド(PDF:934KB)
     *スライド(PDF:1.4MB)
     *スライド(PDF:585KB)
3 パネルディスカッション『私たちの“未来農像”』

古賀栄子 グリーンコープ生協ふくおか 福岡地域理事長


日盡淨鵝〇綸膸墸淌攵学校 主幹教諭

木下勇二 糸島ラーメン“ゆうゆう”店主

4 閉会挨拶
   山本 幸彦 アグリコラボいとしま副会長・福岡県普及指導センター長



※当日実施したアンケート結果は、*こちらをご覧下さい。

プリンタ出力用画面

カレンダー
<  2019年10月  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録