第6回ワークショップ

『糸島農産物の地域ブランド化』



     2012年12月8日、『糸島農産物の地域ブランド化』をテーマに、第6回ワークショップを
    九州大学伊都キャンパス 総合学習プラザ 大講義室にて開催しました。
     「糸島農産物の地域ブランド化」と題する講演会に、2名の講師をお迎えしました。
     近時マスコミにもしばしば取り上げられ、福岡市を中心として人気上々の糸島産農産物、
    「伊都菜彩」に代表されるように認知度も相当なものです。
    全国展開へと飛躍するには何をなすべきか?さらには日本に止まらず、
    世界に飛び出すための輸出戦略について、専門家のご提言をいただきました。
     一般の方にも参加を呼び掛け、農業者、学生、一般の方々70名の参加を得ました。
     講演は、『糸島をまるごとブランド化する戦略の方向性について』
    堀田 和彦 東京農業大学教授。 『6次産業化と糸島農産物の輸出戦略』福田 晋
    九州大学大学院農学研究院教授の2題です。
     堀田先生は、「古座川ゆず平井の里」、「小田急フードエコロジーセンター」の事例を
    上げながら、地域全体でのブランド化について講演していただきました。
     また、福田先生は、農産物のアジア向けの輸出について、福岡県での取り組み、
    輸送方法等について、分かりやすく講演してくださいました。
     その後、原田 昌佳 九州大学大学院農学研究院准教授のコーディネーターのもと、
    質疑応答が活発に行われました。
    



◎プログラム◎



1 開会挨拶
  久保田 稔 アグリコラボいとしま会長・福岡県指導農業士 糸島地域代表


2 『糸島をまるごとブランド化する戦略の方向性について』


  ・堀田 和彦 東京農業大学教授
       *スライド(PDF:4.28MB)
3 『6次産業化と糸島農産物の輸出戦略』

  ・福田 晋 九州大学大学院農学研究院教授
         *スライド(PDF:1.02MB)
4 質疑応答


 コーディネーター:
        原田 昌佳 九州大学大学院農学研究院准教授

5 閉会挨拶
   若菜 幹彦 アグリコラボいとしま副会長・福岡県普及指導センター長


※当日実施したアンケート結果は、*こちらをご覧下さい。

プリンタ出力用画面

カレンダー
<  2019年10月  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録