ニュース

投稿者 : hirai 投稿日時: 2019-04-17 12:00:17 (271 ヒット)

5月25日(土)13:00〜16:45 10周年記念講演・パネルディスカッションが、
九州大学伊都キャンパス 稲盛財団記念館 稲盛ホール(福岡市西区元岡744)(48番) にて
開催されます。

今回のテーマは、

     『糸島農業のこれからを考える』

 糸島農業産学官連携推進協議会(通称 アグリコラボいとしま)は、平成22年3月設立以来、「農業生産に係る研究及び生産現場のニーズについて」 講演会やワークショップを開催、農産物の鮮度保持やブランド化、情報通信技術の活用、家畜伝染病、市場開拓、地産地消、スマート農業、土づくり、鳥獣害対策など、糸島農業の現場の課題に産学官連携のなかで取り組んできました。設立10周年を迎えるにあたり、地域に根ざした持続可能なこれからの農業を、「まちづくり」の視点から考えます。
 どなたでもご参加いただけます。ぜひお誘い合わせの上、お越しください。


プログラム
13:00〜13:30 開会挨拶
         岩城賞弘 アグリコラボいとしま会長
         中尾実樹 九州大学大学院農学研究院副研究院長
        来賓挨拶
         月形祐二 糸島市長 
 
13:30〜15:00 記念講演 『農業から踏み出すまちづくり 〜糸島への提言〜」
          講演者 藻谷 浩介 氏 (蠧本総合研究所 主席研究員)
 農業は衰退産業なのか、成長産業なのか。活路は、大規模低コスト生産にあるのか、小規模高付加価値化にあるのか。生き残るのは、植物工場なのか、土つくりにこだわる農場なのか。目指すべきは大市場向けの生産に特化したプロなのか、地域市場を向きまちづくりにもかかわるマルチプレイヤーなのか。最新の状況を確認することで、旧態依然のイメージの支配を脱し、糸島の農業の今後についてのヴィジョンを共有する。

15:00〜15:10 休憩

15:10〜16:30 パネルディスカッション 『農業から踏み出すまちづくり』
          コーディネーター 川口 進 氏 (前福岡県農業大学校校長)
 
          パネリスト 古川 泰弘 氏 (JA糸島青年部代表)
                浦 美鈴 氏 (糸島市農業女性の会ふた葉)
                原 涼太 氏 (福岡県農業大学校学生)
                米田 彩美 氏 (九州大学大学院生物資源環境科学府大学院生)
 
16:30〜16:45 閉会挨拶
         今泉美紀 アグリコラボいとしま副会長

16:45     終了予定


※参加費無料・事前申込不要

詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。


カレンダー
<  2019年10月  
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録